ダイヤモンド



4Cとはカット・カラー・クラリティー・カラットのことでダイヤモンドの価値を決める4要素になります。
それぞれの頭文字が「C」なので4Cと呼ばれています。

カットとは、ダイヤモンドの表面に施された、面のバランスを指します。4Cの中でただひとつ人の技術によるもので、[EXCELLENT][VERY GOOD][GOOD][FAIR][POOR]の5段階で評価されます。ダイヤモンドの美しさに多大な影響を与えるため最も重要な要素だと言われています。


ダイヤモンドのカラーは、無色透明に近いほど希少性が高まります。色の違いはダイヤモンドの価値に影響しますが、鑑定のプロフェッショナルでない限り見分けることは困難です。


クラリティとはダイヤモンドの透明度を表すものです。
ほぼすべてのダイヤモンドに、結晶になる過程で取り込んでしまう内包物(インクルージョン)や表面の欠点(ブレミッシュ)がみられ、10倍に拡大した状態で検査されます。

カラットとはダイヤモンドの重さを表す単位です。
[ct]と表記。1ct=0.2g

泰山のダイヤモンドは、カット/EXCELLENT、カラー/D〜H、クラリティー/IF〜SI2の物を主に使用しています。予算に合わせてダイヤモンドをお選びすることもできます。

泰山
Copyright c YASUYAMA All Right Reserved.